なぜスニーカーと呼ぶのか?

スニーカーは、英語で「sneaker」と書きます。この言葉は、英語の「sneak」という動詞から派生しています。

「sneak」は、「こっそり忍び寄る」という意味です。スニーカーは、ゴム底で足音が立たないため、静かに歩くことができます。そのため、このことから「sneaker」と呼ばれるようになったと言われています。

また、スニーカーは、元々は、運動やスポーツをする際に履く靴として使われていました。しかし、1970年代後半に、アメリカでバスケットボール選手のマイケル・ジョーダンがナイキのスニーカーを履いて活躍したことをきっかけに、ファッションアイテムとしても人気が高まりました。

現在では、スニーカーは、運動やスポーツだけでなく、日常生活やファッションシーンでも幅広く使われており、世界中で愛されています。

以下に、スニーカーの歴史を簡単に説明します。

  • 1893年

アメリカで、キャンバス地にラバーソールを使用したボート競技用の運動靴が誕生しました。これが、スニーカーの原型と言われています。

  • 1916年

アメリカのKeds社が、ゴム底の運動靴「Keds」を発売しました。この靴は、静かに歩くことができることから、「sneaker」と呼ばれるようになりました。

  • 1930年代

アメリカのConverse社が、バスケットボールシューズ「Chuck Taylor All Star」を発売しました。この靴は、シンプルなデザインと高い機能性で、バスケットボール選手や一般の人々に人気を集めました。

  • 1970年代後半

アメリカで、バスケットボール選手のマイケル・ジョーダンがナイキのスニーカー「Air Jordan 1」を履いて活躍しました。このことから、スニーカーはファッションアイテムとしても人気が高まりました。

  • 1980年代

アメリカで、スケートボードやBMXなどのストリートカルチャーが流行しました。このことから、スニーカーはストリートファッションの定番アイテムとなりました。

  • 1990年代

日本でも、スニーカーがファッションアイテムとして人気が高まりました。また、海外のファッションブランドが日本に進出して、スニーカーの種類が豊富になりました。

  • 2000年代

スニーカーは、スポーツやファッションだけでなく、アートや音楽など、さまざまなカルチャーと融合し、世界中で愛されるようになりました。

このように、スニーカーは、長い歴史の中で、さまざまなシーンで使われてきました。今後も、スニーカーの人気は高まり続けると考えられます。

0 thoughts on “なぜスニーカーと呼ぶのか?”

  1. エアマックスは歴史に名を刻んだアイテム。そのエピソードや事件も含めて、ファッションの一環として楽しんでください。

  2. 可愛らしいデザインのナイキの壁紙、スマートフォンやデスクトップの背景に。

  3. 15.5cmのスニーカーは、お子様の足に合ったデザインで楽しめます。キャラクターシューズも人気です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です