OGG18-11-120-2-2-800x500

外資系OLの神アイテム! 六本木発働くいい女の「ラップワンピ」3つの条件

バブリーブームも相まって、今、人気が上昇中。とはいえ、古見えしないセレクトが大事なんです。

【1】フレンチシックな色&柄
着映え力の高い幾何学プリントはレトロに落とし込むのが正解。


時代を超えてファンが多い幾何学柄。ざっくりカーデやロングブーツ合わせの、フレンチな香りのするレトロな着こなしで今っぽく。エルメス スニーカー コピーゆるっとまとめたヘアで、頑張りすぎない感を出すのも古見えしないポイントに。

ワンピース[インナー付き]¥50,000(MOGA) カーディガン¥40,000(ドローイング ナンバーズ 南青山店〈ドローイング ナンバーズ〉) バッグ¥23,000(T-square Press Room〈SERPUI〉) 靴¥86,000(アマン〈ペリーコ〉) ピアス¥11,500・リング¥15,000(CPR TOKYO〈ルーカス ジャック〉)

【2】気持ち長めのミディ丈
ベーシックな無地ワンピこそシルエットの美しさが決め手に。


ラップ風じゃなく、きちんとラップになっているデザインを選んできゅっとウエストマークをすることで、程よくメリハリが利いた極上シルエットが完成する。旬のブーサンで足元の鮮度を高めて。

ワンピース¥40,000(エリオポール代官山〈ラスパイユ〉) MELI MELOのバッグ¥79,000・SERGE THORAVALのバングル[左手]¥18,000・リング¥36,000(H.P.FRANCE) 靴¥140,000(リエート〈サントーニ〉) ピアス¥22,000(アガット〈agete〉) ブレスレット[右手]¥34,000(ミックステープ〈チーゴ〉)

【3】フレンチシックな色&柄
あえて辛口のアウター合わせで自立したいい女を体現。


モノトーンにはこの秋トレンドの赤をバッグでさりげなくプラスして旬の表情に。 エルメス(HERMES)人気バッグエレガントなワンピースとタフなアウターの小気味いい組み合わせが媚びないエレガンスの鍵。

マルゴー ロンバーグのワンピース¥35,000・ペリーコのバッグ¥45,000(アマン) ジャケット¥89,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈マーシャー〉) ピアス[片耳で]¥7,200(マユ アトリエ〈マユ〉) バングル[手首側]¥48,000(プリュイ トウキョウ〈プリュイ〉) ブレスレット[ひじ側]¥59,000(ミックステープ〈ヴェロニカ イズ〉) タイツ/私物

シチュエーションイメージ|19:00 @六本木
まだまだ活気あふれるオフィスを抜け出し、アマンド前で待ち合わせ。女度高いワンピースが今宵の主役に。

ヴィンテージ感漂う小花柄が、エレガントなワンピーススタイルを今っぽく昇華してくれる。シルク100%ならではの落ち感が美しい一枚は、ヒールパンプスを合わせて女っぷりよく着こなしたい。

ワンピース¥49,000(エストネーション〈リクソロンドン〉) バッグ¥508,000(モワナ メゾン GINZA SIX〈モワナ〉) 靴¥91,000(ジャンヴィト ロッシ ジャパン〈ジャンヴィト ロッシ〉) 時計[左手]¥38,000(H.P.FRANCE〈INDUNA〉) ピアス[片耳で]¥24,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈ヴィオリナ〉) バングル[右手]¥30,000(マユアトリエ〈マユ〉) デミルクス ビームス のネックレス¥32,000・フリュイ ジョリのリング¥25,000(デミルクス ビームス 新宿)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です